会話をすることが一番

穢れも何も知らない状態で誰しもが生まれてきますが、誰しもが隠れた才能や興味関心を持っていて、その才能や興味は人により違います。

親の影響が大きいと思っている方がたくさんいますが、保育園や幼稚園など集団社会の中で受ける影響が人生に左右するのです。

言葉を話すようになり、自我が芽生え始めると子供のしつけで悩む保護者は大勢いますが、その方法は保護者の教育方針や人生観に左右されるのが現状です。

社会のルールを上手に掴んでいない子供をしつける為のコツは、怒らずにほめて伸ばすことが最適です。

悪いことをすれば、叱って善悪の判断をつけさせることが重要ですが、自分の気持ちや気分で子供を叱ることはダメです。

成績が伸びない子供に対しては、じっくりと付き合う必要がありますし、目先の成績よりもしっかり理解させることが大切なのです。

今までできなかったことができた時には、褒めることが肝心で、物を買い与えるなどして気を引いてもそれは一時的なことですし、目先の課題をクリアすれば欲しい物を買ってもらえると勘違いしてしまいます。

忙しくとも子どもと会話する機会を持ち、話をよく聞いてあげることで子供の興味関心もわかります。

誰しもが子供を経験しているので、自分が子どもの頃にされて嫌だったことや、嬉しかったことを思い出して接することが子育てのコツです。